血圧が安定しない

【血圧】安定しないのは危険?変動しやすい

血圧は安定しない

うちの父は高血圧で病院で薬をもらって飲んでいます。

 

 

でも父がいうには
「家ではかるとそんなに高くない」
と言っていました。

 

「病院では血圧を測るときに緊張するから、高く出たんだ」
と言っていました。

 

 

血圧ってちょっとしたことでも結構変動するので。
血圧が安定しないのはしょうがないことなのかもしれません。

 

 

血圧対策飲料がいろいろありますけど。

 

 

アミールや胡麻麦茶の研究発表を見ると
「2週間で血圧に効果」
なんて感じです。

 

人によっては
「たった2週間で効果があるの?」
と思うかもしれませんけど。
血圧は変動しやすいものなので、2週間もあれば血圧が低くでるときもあると思います。

 

 

たしかに血圧を低く安定させるためには、断続して血圧対策をする必要があります。
でも血圧を一度でもいいから、低く数値を出したいだけなら、2週間もあれば血圧が低く出た日もあると思います。

 

 

 

 

 

ストレスや高齢で変動しやすい

血圧はストレスでも変動します。
さらに高齢だと、さらに変動しやすくなるとされています。

 

 

なので血圧が変動するのはしょうがないというか。
私生活をよくするぐらいしか、改善方法がない気がします。

 

 

血圧が高い状態は、動脈硬化を起こしやすいので注意が必要です。
ただ、日常生活でめまいなどが起こらないのなら、一応安心といえるかもしれません。

 

自分の父は
「めまいがして世界がぐるぐる回っていた」
なんて言っていました。
まぁそれで病院に行って高血圧の薬をもらったわけで。

 

高血圧で起こりやすい動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中は、一発アウトな可能性もあるので。
日常で異変がないから、大丈夫とは言い切れないんですけど。

 

血圧が変動していても、特に体に異常がないのなら。
しょうがないことだとあきらめるしかないかもしれません。

 

 

そもそも
「血圧の薬を飲んでいるが血圧が安定しない」
となると、もうできることが限られています。

 

 

 

 

 

血圧は変動しやすいものだと知る

特にオチもなく、解決法もないんですけど。
血圧は変動しやすいものだと、ある程度は諦めるべきだと思います。

 

逆にいえば、高血圧の人も、ちょっと血圧を下げようとがんばれば下がるわけですから。
血圧が変動しやすいというのは、血圧対策で血圧を下げれる可能性が高いということなので。

 

 

血圧に不安がある人も、血圧を下げようとす意識が高ければ。
血圧を下げれる可能性は十分にあると思います。

 

 

血圧が低かったり、高く出たりすると、不安になりますが。
多少の誤差は1日の測る時間帯でも血圧が変わってでてくるので…。

 

うちの親のように、病院で血圧を測るときに高くでる…。
なんてことになると、過剰に薬を処方される可能性があるので、問題がありますけど。
そういう人はそれほど多くないと思うので…。

 

 

ただ急激な変化は危険があります。
いや血圧の変化というか、温度の変化ですね。

 

お風呂やトイレによくあることですけど。
あたたかい部屋から、冬のトイレなんかに行くと、温度差があって、急に血圧が上下するので危険が高いです。

 

高血圧の人は、血圧を激しく上下するような環境ならば改善する必要があります。
本人としても
「まさかトイレで意識を失うとは…」
な感じなんでしょうね。

 

でもトイレって、うんちをするときにいきむ(踏ん張る)人もいると思います。
それが動脈硬化を起こしやすい行動であるので。
トイレって高血圧の人にとっては、かなり危険な場所だといえると思います。
古い家だと、トイレってすっごい寒いですからね…。

 

 

血圧は安定しないものなんです。
頻繁に血圧を測る人ほど、血圧が変動しているのが気になるかもしれません。

 

 

ただ実際は血圧が高いのに、血圧が低くでてしまうほうが問題なんですよ。
たとえばうちの父は病院で血圧が高くでましたけど、もしこれが逆で病院では血圧が低く出たのなら
「血圧に異常はないから、血圧の薬は出しませんね」
となると、実際は高血圧なのに、病院で測定したときだけ低くでたことで、薬が処方されないかもしれません。

 

 

血圧が高いというのは、動脈硬化を起こしやすい状態です。
それがたまたま病院で低くでてしまって、高血圧を見逃されてしまうと…。

 

その後動脈硬化で意識を失ったときに
「健康だったのにどうして…」
なんてことを親戚一同から言われたりするかもしれません。

 

 

なので、健康診査で
「異常なし」
はたしかにうれしいんですけど。

 

実際は異常が見つかったほうが、早期発見につながるので良いところもあるんです。
本人も気をつけようと、意識すると思いますから。

 

 

でもこれが
「異常なし」
だとすると、本人は
「私は健康なんだ」
と思って油断してしまいます。

 

それが人間の健康としては、かなり危険なことだと思います。
親戚や近所の話を聞いても
「あの人はいつも元気そうだったのに…」
な話がよくでてきます。

 

実際異常が見つかって病院に通っている人のほうが
「早期発見ができて、対処できていた」
と言えるのかもしれません。

 

 

実際高血圧の人だって、常にめまいがある人なんていないでしょ。
なので、血圧を計ってたまたま低くでてしまったのなら。
高血圧を見逃されてしまうんですよねぇ。
そっちのほうが、危険があるように感じます。


ホーム RSS購読